コーヒー豆通販のカフェテナンゴ自慢のコーヒー豆を味で選ぶ。

 

初心者の為のコーヒー豆選び



コーヒー豆を選ぶポイントは【焙煎度合い】にあります。

なぜなら、焙煎によってコーヒーの味はガラリと変わるからです。

どの焙煎度合いがどんな味の傾向にあるのかを把握するだけで、ぐっと選びやすくなります。

この焙煎度合いの選択さえ間違えなければ、【失敗した】ということは無くなるはずです。

当店で販売しているコーヒー豆には、大きく分けて2種類の焙煎度合いがあります。

.轡謄ロースト(やや深煎り)
▲侫譽鵐船蹇璽好函平疾り)


どのコーヒー豆も、必ずこのどちらかの煎り具合に焙煎されています。(例外はあります)

ひとつの銘柄でも、シティローストとフレンチローストの両方を販売している場合もありますが、
この2つの煎り具合の特徴を理解していれば、自分が欲しいと思っている味とかけ離れたコー
ヒー豆を選ぶことは無いはずです。




シティローストの特徴

◆酸味と苦みのバランスが良く、コクはフレンチローストに劣るが、香りは高い。
◆甘みもあり、最も一般的な焙煎度合いです。


シティローストの酸味は「酸っぱい」ものではなく、味のバランスを支える程度です。
 
フレンチローストの特徴

◆酸味が少なく、苦みが強い。滑らかなコクがあるが、香りの成分はシティに比べて少なくなる。
◆しっかりとしたコーヒー感が味わえます。


特にヘビードリンカーが好む煎り具合です。
 

焙煎度合いを選んだら、あとは各商品ページでどんな感じの香りがするのか、コクはどの程度なのかなどの詳細を確認して購入してください。

これで失敗することはほとんどないはずです。

 



ズバッと結論だけ言ってしまいましたが、もう少し詳しく説明しましょう。

生のコーヒー豆というのは、植物の種子であり、ただの【素材】にすぎません。ですから生豆を焙煎して
どのような味にするかは、焙煎者にゆだねられています。同じ生豆を使っていても、焙煎者(お店)が違え
ば違う味になるということです。

例えば、同じ畑から採れた大根があったとしましょう。これを使って居酒屋A店とB店が「おでん」を
作ったら、大根は違う味付けをされて各店舗の個性を持った「おでん」になります。

同じ素材を使っても、調理する人が違えば違う味になるのは当然です。

これはコーヒーも全く同じです。

同じ生産国、同じ農園のコーヒー豆を使っていても、お店ごとに違う味付けがされるのです。

その味付けが【焙煎】です。

ですから、焙煎度合いを理解することが味選びの重要なポイントになるのです。
 
ここで「酸味」と「苦み」の量が焙煎でどう変わるかを説明します。
 




焙煎と酸味苦味の関係

焙煎度合いチャート表は、その上の【酸味と苦味のチャート表】に対応しています。

ミディアムローストは、酸味のほうが多く、シティローストは、酸味と苦味が半々でバランスが取れているといった感じで
一目でわかるようになっています。
.薀ぅ肇蹇璽好函↓▲轡淵皀鵐蹇璽好

焙煎の初期です。強い酸味と植物の青臭い味と香りに支配されています。

◆飲用に適しません。一般的にもおそらく販売されていないと思います。

ミディアムロースト

ここからやっと飲める段階に入ってきます。しかし、まだ酸味が多く、植物っぽい感じが少し残ることがあります。

『酸味大好き!!』という方以外には、あまりお勧めしません。

◆ちなみに当店では、この煎り具合を販売していません。
→コーヒーの持ち味をこの段階では出し切れていないと考えるため


ぅ魯ぅ蹇璽好

このあたりから酸味が徐々に少なくなってきます。植物っぽさが消え、さわやかなコーヒーになります。
ここではまだ苦みはほぼ感じません。

◆豆によって例外的にこの煎り具合を採用することがあります。


ゥ轡謄ロースト


刺激的な酸味は消え、柔らかい酸味がほのかに残り、苦味が少しづつ出てきます。苦味と酸味のバランスが良く、
カラメル化による甘みも出てきます。

◆当店のコーヒー豆の8割はこの焙煎度合いです。
→最も珈琲の味と香りを表現できる煎り具合だと考えているため



Ε侫襯轡謄ロースト

シティローストより少しだけ長い時間焙煎したところ。
酸味よりも苦味が目立ち始める。ただ豆によっては、このあたりでも酸味と苦味のバランスが良い場合がある。

◆当店が得意とする焙煎度合い。ここをうまく使うことによって豊かな味表現が可能になる。
(当店の販売区分としては「シティロースト」として分類されています)


Д侫譽鵐船蹇璽好

フルシティよりさらに焙煎を進めたところ。
酸味はほぼ消え、ほどよい苦味が前面にくるようになる。濃いコーヒーを抽出するのに向いている。

◆苦味とコクを活かした味を作りたいときにはこの焙煎度合い。
独特の滑らかな口当たりが多くのコーヒーファンの支持を得ています。


┘ぅ織螢▲鵐蹇璽好

焙煎の最終段階。豆の色は黒くなり、酸味は消え焦げた苦味に支配される。

◆当店は、飲用に適さないと考えますが、一般にはかなり多く売られています。


コーヒーとは、焙煎によって必ずこのような経緯で酸味と苦味の
関係が変化していきます。

 


トップページに戻る 【カテゴリ】から選ぶ 【商品一覧】から選ぶ


ショッピングガイド

営業時間

中米産スペシャルティコーヒー専門店
コーヒー豆通販 カフェテナンゴ

営業時間 10:00〜19:30

定休日

水曜日 ※祝日の場合は営業(年末年始、お盆、産地出張等で長期休業することがあります。 当サイト内カレンダーを参照ください。)

店休日に頂いたご注文やご質問へのお返事は、翌営業日のお返事となりますのでご了承くださいませ。 ご注文は24時間受け付けております。

連絡先
〒158-0081
東京都世田谷区深沢5-8-5NEビル102
株式会社カヤヌマコーヒー
スペシャルティコーヒー専門店
コーヒー豆通販のカフェテナンゴ
TEL:03-5758-5015
Mail:info※cafetenango.jp
(※を@に換えてメールしてください)
代表:栢沼 良行
ご注文について
カフェテナンゴでは、ネットでのご注文を24時間365日受け付けております。
ご注文いただいたコーヒー豆は、速やかに鮮度を保った状態で出荷いたします。
お支払いについて
以下の方法からお選びいただけます。
※詳しくはこちら>>>

<代金引換>ヤマト運輸

<銀行振込・振替>
銀行振込・振替

<コンビニ決済>
コンビニ決済

<クレジットカード>
クレジットカード

送料について

コーヒー豆1kg以上お買い上げで送料無料

会員の方は送料200円OFF ⇒送料詳細
⇒会員登録はここをクリック

配送について

朝10時までのご注文は即日発送可!
詳細につきましてはこちらのページをご覧下さい。

宅配業者…ヤマト運輸

返品について
  • お客様がご注文した商品と異なる商品が届いた場合
  • お届けした商品に欠陥があった場合

上記につきましては商品の返品と交換を迅速にお請け致します。
商品発送後のお客様のご都合による良品商品の返品・交換は一切お受けできませんのでご了承下さい。詳細はこちらのページをご覧下さい。